フライトデザインロゴマーク
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
商品カテゴリ
BLADE ヘリ・パーツ > BLADE 180 CFX > その他 > ハイスピードメタルギア (T150/B180サーボ用)
商品詳細

ハイスピードメタルギア (T150/B180サーボ用)


ハイスピードメタルギア (T150/B180サーボ用)
ハイスピードメタルギア (T150/B180サーボ用)
商品番号 FD-T15B18-408
商品名 ハイスピードメタルギア (T150/B180サーボ用)
定価
販売価格 1,944円
税別価格 1,800円
メーカー
在庫

数量:

スピードアップ



BLADE 180CFX用のサーボ(SPMSH2060) と T-Rex150用のサーボ(DS150/155)を
アップグレードする高速メタルギアパーツです。
メタルギア化による耐久性の向上と速度アップを実現します。

※初めて交換する場合は3つ同時に交換してください。

※付属のベアリングは180CFXのサーボ専用になります。 
T-REX150(DS155,DS150)のサーボ でご利用の場合は
標準品のサーボギア軸受けのワッシャーを加工してご利用ください。

注意:T-REX150(DS155,DS150)のサーボにメタルギアを使用する場合、
標準品のサーボギア軸受けのワッシャーを加工する必要があります。
@サーボギア軸受けのワッシャーをケースから取り出します。
ワッシャー
下写真がサーボギア軸受けのワッシャーになります。
メタルギアを使用する場合、軸受けのワッシャーの穴が若干狭いので加工します。
軸受けのワッシャー
Aヤスリやリーマーで軸受けのワッシャーの穴を広げます。
注意:穴を広げ過ぎないよう少しずつ確認しながら作業して下さい。
穴を広げる
B滑らかに動くようになれば完成です。
後はサーボギア用グレースを塗布してもとに戻します。
ワッシャー


※下記説明はFD-T15B18-402の説明になります。
ハイスピードメタルギアも組み立て手順は同じですので参考にしてください。

組み立て手順


 
Aサーボ底面のねじを4つ外し、上部カバーを開けます。
カバーを開ける


Bプラスチックギアを慎重に外します。3つのメタルギアを置き換えるための準備です。
下右写真はプラスチックギアとメタルギアの比較した写真です。
下右の写真の01〜03が置き換えるギアで、04はそのまま使います。
※01のプラスチック部品も使用します。
※本説明はFD-T15B18-402の説明になります。
   FD-T15B18-403,FD-T15B18-404は更に04もメタルに変更します。
ギアの取り外し

C01のプラスチックギアの下部の先のとがった小さな部品を慎重に外してください。
(下左は取り外した写真です。)
この部品は右下のBの部分がカットされています。(下右写真を確認)
この部分をカットBと名づけます。
Bの確認

DメタルギアにCで外した部品を取り付けます。
Aの確認

メタルギア(上右写真)のAの突起部分とカットBが並ぶようにプラスチック部品
を差し込みます。(下写真を確認)
AとBの位置関係

Eギアを組み込みます。
01のギアを下写真のように組み込みます。
Aの部分が下写真のようにサーボの真ん中(下写真の白く引いた線上)になるように
配置します。
左から右にそして右から左にギアを回します。左右に90°動くことを確認します。
そして最後にAの部分が白い線上になるように配置を保持します。
A部分の配置

F02、03、04のギアを下写真のように(左から右)組み込みます。
ギアの組み込み順番

G下写真がギアの組み込み完了した状態です。
ギア組み込み完成

H最後に上カバーを付け、ねじ止めすれば全ての工程の完了です。
カバー取り付け、ねじ止め