フライトデザインロゴマーク
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
商品カテゴリ
電動ヘリコプター > BLADE NanoCPS(機体セット)
商品詳細

BLADE NanoCPS(機体セット)


BLADE NanoCPS
BLADE NanoCPS

販売価格
 

商品番号 FD051-BLH2480
商品名 BLADE NanoCPS(機体セット)
定価 12,480円
販売価格 13,478円
税別価格 12,480円
メーカー Horizon Hobby
在庫

数量:

BLADE NanoCPS(機体セット)


概要

Blade Nano CPSは手のひらのRCヘリコプターで、軽量かつ壊れにくい機体です。
mSRやmSRX等の固定ピッチヘリコプターから可変ピッチのヘリコプターにステップアップを
考えている方におピッタリな機体です。
また、3Dフライトの練習を考えている方にもお勧めの機体です。
初心者の方にもNano CPSはスタビリティーモードの安定あるフライトができますので
ここから始められても良い機体かと思います。
SAFEテクノロジーを搭載することにより今まで以上に3Dフライトを楽しんで練習することが可能です。

飛行までに必要なもの

●DSMX互換の送信機

JRプロポのTD2.4LP DSM2 2.4GHzインドア用ローパワーモジュール+対応プロポ。 
または、DX6iやDXeがご利用いただけます。

現在、国内対応の最新の取り扱い送信機はDXeになります。
・DXe 送信機のみ



※プロポ(DXe)の設定にはパソコンかスマートフォンと設定用ケーブル(別売)が必要です。
設定ファイルのご利用にはパソコンをご使用ください。

・パソコン用(HHS-SPMA3065)
パソコン用設定ケーブル
・スマートフォン用(HHS-SPMA3081)
スマートフォン用設定ケーブル


 

キットに含まれるもの

Blade Nano CPS 本体

Blade Nano CPS 本体

150mAh 3.7V 45C リポバッテリー

150mAh 3.7V 45C リポバッテリー

1セル USBリポ充電器 (300mA)

1セル USBリポ充電器 (300mA)

USBポートより電源を供給する必要があります。
携帯電話などのUSB充電器もご利用いただけます。

設定マニュアルが付属

XG11MV、PCM9XUの設定マニュアルが付属



おすすめアップグレード

以下に紹介するスワッシュプレートは是非アップグレードしていただきないパーツです。
標準フレームに装着可能ですのでスワッシュプレートのみのをアップグレード可能です。
標準のスワッシュプレートとの違いは
1)メタルパーツですので標準のスワッシュプレートに比べ耐久性にすぐれています。
2)スワッシュプレートの回転止めの支持軸がコントロールリンケージボール
と同じ高さに配置されることで正確な操作性とレスポンを実現しています。

エクストリームのアップグレードパーツ

エクストリームのスワッシュプレート

 

 

アルミスワッシュプレート・ブラックARガイド セット - NanoCPX/S(エクストリーム)
 

マイクロヘリのアップグレードパーツ 3色から選択できます。

マイクロヘリのスワッシュプレート(シルバー )

マイクロヘリのスワッシュプレート(レッド )

マイクロヘリのスワッシュプレート(ブルー )

アルミ・スワッシュプレート&ガイドセット - BLADE NANO CPX/S

 シルバー

 レッド

 ブルー


バインド手順

コンピュータプロポの場合(XG11MV、11X ZERO、、PCM9XU、DX6i等)
1.ヘリコプターからバッテリーを外します。
2.送信機の電源をOFFにし全てのスイッチを0ポジションにします。
3.ヘリコプターにバッテリーを接続します。5秒後、制御ユニットのLEDが点滅します。
4.送信機をバインドモードにして送信機の電源をいれます。
5.2,3秒後にバインドボタン/スイッチを離します。
6.ラダーコントロールステックを右一杯に倒します。
 制御ユニットのLEDが青色に点灯するまでラダーコントロールステックは右に倒したままにします。
7.ラダーコントロールステックを離します(中央に戻します)。
8.バッテリーを外し送信機の電源をOFFにします。

※手順5から6はすぐに行ってください。時間を置くとコンピュータプロポと認識されない場合があります。


SAFEテクノロジー

SAFE(センサー・アシスト・フライトエンベロープ)テクノロジーは
多軸センサーとソフトウェアーを組み合わせることで模型飛行機が水平と相対的な位置を
把握することを可能にしています。
この空間認識は航空機が安全なバンクとピッチ角の領域を維持のために使用可能な
フライトエンベロープ(飛行包絡線)(※1)制御を実現させるために利用されます。
つまりあなたのより安全なフライトを可能にするということです。
安定性の他、保護レベルは複数のモードを提供しています。
つまり、パイロットは自分のスキルに合わせて安全の度合、きびきびした感じの操作、
性応答性を選択することができます。

※1フライトエンベロープ(飛行包絡線):飛行機が安全にフライトできる範囲

SAFEテクノロジーが提供するもの
・フライトエンベロープ保護をスイッチによりON、OFF可能。
・自分のスキルに合わせたモードの選択が可能。

洗練されたSAFEテクノロジーの最もよい点は多くの作業を必要とせず楽しむことができることです。
SAFEを搭載した全ての飛行機は直ぐに使うことができ、フライト経験に合わせ最適に調整できます。

フライトモード

スタビリティーモード:
可変ピッチヘリコプターのフライト経験の少ないパイロットにお勧めのモードです。
ヘリコプターはステック制御の状態にかかわらず(ステックを一杯に振っても)バンク角を制限します。
また、ステックを離すと飛行姿勢を水平に戻します。
舵の効きは制御し易さを優先するため遅くなります。
パニックリカバリーによりヘリコプターを立て直し姿勢を水平に戻します。
スロットルカーブはノーマルでスロットルステックが最ローの位置で0%スロットになります。

3Dモード:
可変ピッチヘリコプターのフライト経験あるパイロットにお勧めのモードです。
ステックを離しても元の姿勢に戻ることはありません。
また、ヘリコプターにバンク角の制限はありません。
舵の効きは良く敏感に反応します。
パニックリカバリーによりヘリコプターを反転あるいは立て直しのいずれかを行い
姿勢を水平に戻します。
スロットルカーブはアイドルアップでスロットルステックの位置に関係なくモーターは一定のスピードにします。
スロットルステックはメインブレードのピッチの制御をします。