フライトデザインロゴマーク
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
商品カテゴリ
コネクタ・ケーブル > 3.5mmバナナプラグセット
商品詳細

3.5mmバナナプラグセット


モータ、スピードコントローラ接続用の金メッキ・バナナプラグです。

モータ、スピードコントローラ接続用バナナプラグセット

難燃性の収縮チューブが付属しています。
※収縮チューブの長い方はメス(スピードコントローラ)側に使用、
短い方はオス(モータ)側に使用します。
付属難燃性収縮チューブの仕様
1)UL規格認定品(UL224 File no.E255532,125℃ VW-1 600V)
2)原材料はSONY様規格SS-00259ならびにEUのRoHS指令対応。
3)使用環境温度:−55℃〜125℃、収縮開始温度:70℃、完全収縮温度:110℃
4)φ5チューブ外観仕様:収縮前内径5.5±0.3mm、肉厚0.25±0.05mm。
収縮後内径(最大)2.5mm、肉厚0.56±0.08mm。

レターパック可能  

商品番号 FD00-0BP101
商品名 3.5mmバナナプラグセット
定価 オープン価格
販売価格 185円
税別価格 172円
メーカー
在庫

数量:

バナナプラグのはんだ付について
3.5mmバナナプラグセットのメス側はアンプ、オス側はモーターに使用します。
各部品の説明写真
バナナプラグのはんだ付け手順
バイス 最初にバイス等を利用してバナナプラグを固定します。
バイスの真中のくぼみのところにバナナプラグを固定します。
プラグをバイスに固定 このようにすることで作業がしやすくなります。
バナナプラグは軽く固定するだけで大丈夫です。
(バナナプラグはきつく締め付ける必要はありません。)

次にはんだを流すのですが、ケーブル側にある程度はんだを付けてから行った方が作業が楽になります。
この作業を予備はんだといいます。

ケーブルをある程度加熱してはんだをケーブルにしみ込ませるように流し込みます。

プラグにはんだを流す時、はんだごてをあらかじめバナナプラグにあてておきます。

最初にバナナプラグにある程度熱を持たせることで、はんだを流しやすくし、はんだののりを良くします。
なれないとちょっと難しいかも知れませんが、コツが分かれば簡単に作業できます。
収縮チューブの収縮手順
収縮チューブの収縮にはヒートガンを使います。
写真はヒートガンです。かなりの高温になりますので焼けどなどしないよう十分注意してください。
熱風は収縮チューブを収縮するため100数十度以上の温度が必要になります。(写真のヒートガンは450℃の熱風が出ます。)
ヒートガンを使い収縮チューブを収縮させます。
このとき収縮チューブが熱風で動かないように注意してください。挿入部分にある程度出た位置で収縮させ、余分な収縮チューブは後でカッターで切り取るようにします。

※メス側は端子を全て覆う形で収縮チューブを収縮させます。余分な収縮チューブはオス側と同様に後でカッターで切り取ります。

※ヒートガン使用後の注意
ヒートガンを使い終わった後は熱風から送風に切り替えます。しばらく送風にして温度が下がったことを確認してから保管します。