フライトデザインロゴマーク
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
商品カテゴリ
サーボの修理

06BBを例にサーボの修理について紹介します。
ヘリコプターを墜落させ、サーボに激しい負荷がかかるとギアの歯が欠けるなど、壊れることがあります。
サーボの動作がおかしい場合は、ギアの歯が欠けている可能性があります。
ギアの歯が欠けている場合はギア交換をしましょう。

@サーボに貼り付けているシールをはがします。

シールをはがす

はがしたシールは再利用しますのでビニル袋等に一旦貼り付けておきます。
シールをはがした状態ビニール袋にシールを貼り付けた状態


Aギアケースを開けます。

06BBはネジは無く単にケースをはめ込んでいるだけです。
カッター等で接合部分をこじ開けるようにギアケースを開けます。

※カッターを使う場合、あまり奥に入れないようにします。


カッターでケースを開ける説明

ある程度、隙間をあけると簡単に外せます。
ケースをある程度、開けた状態

下写真はケースを外した状態です。
ケースを外した状態

Bギアの交換

06BBの場合の交換用ギアはW-060,W-060BB,W-084用ギアセット(型番W-10304)を使用します。
ギアを取り外す時にどのギアが何処に使われていたか、分かるように取り外します。
※ギアの種類は全て違います。ギアの取り外し順番をおぼえておきましょう。
交換用ギアセットの説明

交換用ギアはギアの取り外しの逆の手順で戻していきます。(ギアは全て新しいものに交換します)
ギアの取り付け1ギアの取り付け2


Cサーボギア用グリースを塗る

ケースを閉める前に、サーボギア用グリースを塗ります。

下写真は金属、プラスチックギア両対応のサーボ用グリースです。
06BBはプラスチックギアですので、必ずプラスチック対応のものを選んでください。
サーボ用グリース1
サーボ用グリース2

グリースは満遍なく塗ってください。

下写真はグリースを塗った状態です。
グリースを塗った様子


Dサーボケースを元に戻します。

ケースを戻した状態

ケースを元にもどした後シールを貼り直すのですが、シールの接着力が心配なので、
カプトンテープを貼ります。

テープを貼った状態カプトンテープ

※テープを貼る前にはサーボケースをよく脱脂してください。

次に、この上から元のシールを貼ります。

元のシールを貼る

これで、完成です。